宇宙人と人類が遭遇する年はいつ?宇宙人との遭遇が人類に与える3つの影響を解説!

宇宙人と地球の人類が正式に公の場で遭遇する日を想像したことがありますか?

SF映画の中だけと思ってはいませんか?

私たちが理解できないくらいのスピードでそれは現実となります。

宇宙人と人類が公の場で遭遇する年はいつ?

宇宙人と人類は2028年に公の場で面会するという説が米国では大きく取り上げられています。

2028年って、あと9年程の話ですが可能性は否定できないのです。

現在に生きる私たちのテクノロジーの進化の10年は、江戸時代やそれ以前の時代で換算すると200年くらいに匹敵すると言われています。

これから先の9年で、驚くような未来が待っていると解釈できます。

その9年で私たち地球人が宇宙人を迎えれるような思考回路へと変わっていくということ。

逆に宇宙人たちは、数十年も昔から時期を見計らっているだけなのかもしれません。

2028年、宇宙人が本当に現れてきたらどうしますか?

世の中、社会システムなど全部ひっくり返りそうですよね

人類が遭遇する宇宙人とは誰?

筆者が一番疑問視するところ、地球外の惑星に住んでいる宇宙人と考えたいのですが、実は地球人かもしれません。

えっ?

はい、そうです。

地球人ですね。

要するに、未来から来た地球人ということになりますね。

2028年に公の場で宇宙人の遭遇と共に、タイムトラベルがすでに実現していることや、公表される宇宙人は実はタイムトラベルで何百年先、何千年先の未来から来ている進化した地球人だという情報も一緒に公表されると考えられます。(タイムトラベルは物理的に実現可能な理由について詳しくはこちら)

地球人を進化させるため、新しいエネルギーの開発情報を与えるため、進化の情報を得るため、こういった理由によりタイムトラベルしてきたというような形で公表される可能性が高い。

しかし、すでにこういった情報は米国が長年に渡り保有し続けているのです。

(NASAや政府が隠蔽している事実について詳しくはこちらをお読み下さい)

ただ、地球に住む人類が理解できる思考回路や社会へ変わってくるタイミングを見ている可能性も大きいです。

タイムトラベルについては、公表されてきていないだけで1981年にアメリカですでに実現していると言われています。

宇宙人との遭遇が人類に与える影響とは?

まず、社会システムは大きく変わりますね。

2028年を目処に少しずつ変化していく形になると思います。

働き方、お金の稼ぎ方への影響

お金の稼ぎ方が変わります。

要するに働き方も変わるということ。

宇宙人(未来人)からの情報により、コストのかからないエネルギー源(フリーエネルギー)が開発され人々は働かなくても良い社会に変わってきますね。

(フリーエネルギーについて詳しくはこちら)

要するに、基本的な衣食住や光熱費などの最低限人間が生きていくためのものは保証される社会。

これは、AI技術の発展からも言えますし、新エネルギーにより人間の労働力がほぼ必要なくなってきます。

なので、私たちは個人一人一人が生まれ持つその人にしか無いものを光らせていく必要がある

これは、どんな些細なことでも当てはまります。

「ただ、幼少から料理がものすごく好きだった」

「ただ、幼少から人の話を聞くのが好きだった」

「ただ、幼少から整理整頓をすることが人一倍好きだった」

のように、1億人いたら1億通りの光があります。

その光を1人1人が純粋に、それを追いかけていくような世界になっていくのでしょう。

生活のために労働するようなことがなくなってくるので。

生存を脅かされなくなると、人間は1人、1人がものすごい力を発揮し始めて色んな形で光始めます。

本当に色んな形で。

ほんとシンプルなこと。

掃除大好きで掃除屋さんになったとか、とにかく寝るのが好きすぎて睡眠のエキスパートになったとか、なんかそういうシンプルなこと。

すでにそういった形で光っている人は、今現状にも居られます。

しかし、一握りです。

ほとんどの人類は、現状、生活費を稼ぐために労働してます。

生活が脅かされる恐怖と隣り合わせで毎日生きてます。

そんな時代は古い昔の時代となっていくでしょう。

2028年は、ただその手始めのような感じでしょう。

そこから数年かけて、確実に変わっていきますね。

スポンサーリンク

人々の思考への影響

現在の人々の考え変え方などに大きな影響を与えてくる

タイムトラベルのことが公表されることで、人類の生誕や地球の誕生の謎が全て解けてしまうからです。

おそらく、宇宙人(未来人)との遭遇により人々の考え方が統一されていくのではないかと思います。

そして、類の誕生の全ての謎が解けることにより生きる意味などが紐解け始めて進化を遂げるでしょうね。

死後の世界についても全て謎が解けるでしょう。

しかし、ここで心配なのが既存の概念から新しいものへ思考を移行できずに暴動を起こし始める人々も少なからず出てくる

生活様式への影響

宇宙人(未来人)からの新しい情報により開発されるエネルギーはコストがかからないので、電気代やガソリン代などがほとんどゼロに近いものになる形へ変化していきますね

新エネルギーについて詳しくはこちらの記事お読み下さい(フリーエネルギーについて)

交通費などもかからなくなりますね、生活費の大部分を占める家賃はどうなるでしょうか。

不動産の価値はほとんど無くなってしまいます。

2028年を境に起きるかもしれないその他のこと

株の大暴落は確実に起きますね。

世界中で恐慌が起きるかもしれない。

全ての分野において、概念が360度変わってしまうからです。

住宅価値激減は避けて通れないです。

株の暴落とセットですね、売りに出す人がわんさか出てきて住宅価値暴落ですね。

別の惑星への移住が始まるかもしれない。

有力なとこでは火星でしょうか。一部の人類は火星へ引っ越していくことも考えられてきますね。(火星移住計画についての記事はこちら)

宇宙人と人類の遭遇についてまとめ

宇宙人(未来人)と人類が正式に遭遇する年について、如何でしたでしょうか。

2028年は遠くない未来です。

宇宙人(未来人)と人類が公式に遭遇するのは、本当にもうすぐ目の前だということ。

そして、その歴史的な大きな出来事を境に社会は今まで想像もできなかったような世界へと変化を初めていくということ。

人間にとって好ましく無いことも起きるかもしれません。

しかし、それも進化の過程でしょう。

果たして2028年の私たち地球の人類は、本当に宇宙人(未来人)の事実を真に受け入れることができるのだろうか。

しかし、地球の人類は宇宙人の存在や宇宙人の訪問を好意的に受け入れる必要性を迫られているところまできているのです。

事実、地球環境は汚染が進み将来的には資源も朽ち果てると予測されています。

このような地球環境の問題は、ほとんどがエネルギーの問題からきており、根本的なエネルギー源を変えていかなければ人類滅亡の危機は避けられない状況になっています。(人類滅亡の日や人類存続する為にやるべきことについての記事はこちら)

上記のような理由より、宇宙人の存在を隠し続けることは困難な状況になってきていると考えられるため、2028年に公式に宇宙人との接触の事実について公表されることは現実味を帯びてくるでしょう。